2019年度男の子に人気のランドセルランキング大公開!

ブランドやデザイン、カラーの選択肢が年々増えるランドセル。
ランドセルの種類が豊富で悩んでしまう、なんて問題は女の子にありがちなお話でしたが、最近は男の子も同じようにたくさんのランドセルが販売されるようになりました。

では実際、どんなランドセルが人気なのか?
数あるランドセルの中からお気に入りのランドセルを見つけるにはどうすればいいのか?

などなど、2018年度版ランドセルで特に人気だったものを、ランキング形式でご紹介!
また、男の子用のランドセルを選ぶポイントや今年度の傾向なども一緒にお話しちゃいます!


    男の子に人気のランドセルの傾向

    最近のランドセルの人気は、流行や機能性によって選ばれる傾向も毎年変化していきます。

    では、今年度人気だったランドセルはどのような傾向があったのでしょうか?

    私がネットや店頭で独自調査した結果、以下の傾向があることがわかりました。

    コンビカラーが人気!


    ↑山本鞄工房 Ray Black neu(黒×レッド)


    ↑フィットちゃん グランナイトブラック(クロ×メタルグレー)
    それぞれのランドセルの商品詳細ページへは画像をクリック◎

    男の子のランドセルは、いまだに黒をメインにしたランドセルに人気が集まっています。

    しかし、ただ黒色と言うだけではなく、フチの色やステッチの色がカラフルになっているコンビカラーが特に人気!

    人気ランドセルブランドの公式ランドセルランキングにランクインするランドセルも、多くがコンビカラーという結果に。

    青や赤のランドセルは奇抜すぎるけれど、アクセントとして自分の好きなカラーを取り入れたランドセルならば、高学年になっても使いやすいですし安心です。

    素材は丈夫なクラリーノ(人工皮革)で!


    ↑セイバン モデルロイヤル ベーシック(素材:クラリーノエフ)
    ランドセルの商品詳細ページへは画像をクリック◎

    たとえ時間やお金をかけて選んだランドセルでも、男の子は小学校に通い慣れてしまえばかなり扱いが雑になっていきます。

    放り投げる、ランドセルの上に座る、砂利や砂の上に平気で置く…などなど…。

    それらの対策として、傷がつきにくい、型崩れがしにくい、お手入れがしやすい人工皮革に人気が集まっています。
    特によく名前を見るのはクラリーノですね。

    クラリーノならば水や汚れ、傷にも強いので、ランドセルの扱いが雑になりがちな男の子でも安心です。
    汚れてしまっても、中性洗剤でお掃除できる便利さも魅力の1つですね。

     


    大きな傾向はこの2点でした。

    他には、PUMAadidasなど、スポーツ系ブランドのランドセルの人気も高かったですね。
    ただ、生産数が少なく販売場所も限られているので、スポーツ系ブランドランドセルの情報を得る機会が少ないのが残念かなと感じました。

    男の子向けランドセル総合ランキング


    フィットちゃん グッドボーイ 安ピカッタイプ(クロ×マリン)

    価格

    通常販売価格:53,000円
    WEB販売価格:47,500円

    重さ

    約1,200g

    サイズ

    A4フラットファイル対応
    内寸:縦310mm×横233mm×奥行120mm

    使用素材

    クラリーノエフ2

    カラーリング

    クロ×マリン


    1位は、大人気ランドセルブランドフィットちゃんから、グッドボーイシリーズがランクイン!

    ランドセルのフチが暗闇で光る安ピカッタイプが特に人気でした。

    グッドボーイシリーズで安ピカッを導入しているのはクロ×マリン1色のみですが、安ピカッではないグッドボーイなら、5色から選ぶことが出来ます。

    安全面にも配慮され、デザインも落ち着いているのにスタイリッシュなグッドボーイ。
    もちろんフィットちゃん背カンを採用しているので子どもへの負担も最小限に抑えられています。

    デザイン性と機能性、どちらも納得できるランドセルです。

    フィットちゃんについての詳細は、「フィットちゃんのランドセルを徹底調査したら口コミが凄かった!」で解説中です!

    ◆グッドボーイ(安ピカッタイプ)の公式ページはこちら◆

    セイバン PUMA 百貨店モデル(ブラック×マリンブルー)

    価格

    73,440円

    重さ

    約1,130g

    サイズ

    A4フラットファイル対応
    内寸:縦310mm×横235mm×奥行115mm

    使用素材

    クラリーノエフ レインガード

    カラーリング

    ブラック×マリンブルー
    ブラック×カーマインレッド
    ブラック×ゴールド
    マリンブルー


    2位に選ばれたのは天使のはねで有名なセイバンから、PUMAとコラボレーションしたランドセル。

    小学校入学を機にスポーツを始める子が多い男の子は、スポーツブランドのランドセルがとても人気。
    その中でも特に、品質も安心のセイバンが販売しているPUMAモデルがダントツで選ばれています。

    デザインがかっこいいのはさることながら、天使のはね技術やぴたっこ、ひねピタなど、セイバンオリジナルの機能が多数搭載されています。

    価格は少しお高めですが、スポーツブランドコラボでこれだけの機能があれば、文句なしのお値段です。

    天使のはねについての詳細は、「口コミ人気NO.1のセイバン 天使のはねランドセルの秘密を大解剖!」で解説中です!

    ◆ PUMA 百貨店モデルの公式ページはこちら◆

    萬勇鞄 Farbe(ブラック×ブルー)


    価格

    60,480円

    重さ

    約1,400g

    サイズ

    A4フラットファイル対応
    内寸:縦320mm×横235mm×奥行120mm>/p>

    使用素材

    牛革

    カラーリング

    ブラック×グリーン
    ブラック×ブルー
    ネイビー×アクアブルー
    ネイビー×チョコ
    グリーン×チョコ


    3位は最近大注目の工房系ブランド萬勇鞄から。
    2018年度新モデルのファルベがランクイン!
    カラーも今年の流行色であるブラック×ブルーのコンビカラーです。

    大人気萬勇鞄の新モデルということで、販売開始前から注目を集めていたファルベ。
    1番のポイントは、鮮やかな背当てのカラーですね!

    背当てがカラフルなランドセルは最近増えてきましたが、まだ数が少ないので特に人気が集まったのかも?

    ウィング背カンやリコーダーケース、夜道も安心の安シャテープなど、当然機能面も充実しています。

    男の子のランドセルでも、牛革の人気が高まっていることがわかる結果となりました。

    萬勇鞄についての詳細は、「カラフルで個性的な工房系ランドセル、萬勇鞄の実態や口コミは?」で解説中です!

    ◆Farbeの公式ページはこちら◆

    イオン みらいポケットアドバンス FLATCUBE(ブラック×マリンブルー)

    価格

    70,200円

    重さ

    約1,210g

    サイズ

    A4フラットファイル対応
    内寸:縦310mm×横235mm×奥行125mm

    使用素材

    クラリーノタフロック
    クラリーノエフ

    カラーリング

    ブラック×マリンブルー
    ブラック×カーボン柄シルバー
    ブラック/グリーンステッチ
    カーボン柄ブラック


    4位にランクインしたのは、おなじみのイオンから、みらいポケットランドセル。

    イオンのランドセルといえば、プチプラに感じる…。

    という方も多いかもしれません。
    でも、最近のイオンはランドセルブランド顔負けのランドセルを販売しているんです。

    みらいポケットはイオンのランドセルの中でも最高峰。
    収納力や機能は、他のランドセルブランドと同等のものです。

    また、肩ベルトや背カンは人気ブランドふわりぃの技術を利用しているので、子どもも安心して背負うことが出来ます。

    イオンについての詳細は、「大注目!イオンランドセルってアリ!?ナシ!?口コミや評判まとめ」で解説中です!

    ◆みらいポケットアドバンスの公式ページはこちら◆

    池田屋 ベルバイオスムース カラーステッチ(クロ×クロ)

    価格

    55,080円

    重さ

    約1,100g

    サイズ

    A4フラットファイル対応
    内寸:縦310mm×横230mm×奥行120mm

    使用素材

    ベルバイオ

    カラーリング

    クロ×クロ
    クロ×ブルー
    クロ×ゴールド
    コン×キャメル
    グリーン×キャメル
    アカ×ピンク
    カーマインレッド×ピンク
    アンティークワイン×ピンク

    5位は、池田屋のベルバイオスムースカラーステッチ。
    ブルーやゴールドなど、男の子に人気なステッチの色をおさえ、本体もステッチも黒色のランドセルがランクインしました。

    池田屋のランドセルはデザイン性にこだわらないシンプルなつくりです。
    その分、機能面はかなり充実しています。

    ランクインしたベルバイオスムースで使われている素材は、池田屋がランドセルのためにオリジナルで開発した人工皮革です。

    池田屋についての詳細は、「大評判!?池田屋ランドセルの機能や口コミを大調査!」で解説中です!

    ◆ベルバイオスムースカラーステッチの公式ページはこちら◆

    男の子向けランドセルランキングフィットちゃん編

    フィットちゃん グッドボーイ 安ピカッタイプ(クロ×マリン)

    価格

    通常販売価格:53,000円
    WEB販売価格:47,500円

    重さ

    約1,200g

    使用素材

    クラリーノエフ2


    ◆グッドボーイ(安ピカッタイプ)の公式ページはこちら◆

    タフボーイDX 安ピカッタイプ(クロ×メタルグレー)

    価格

    通常販売価格:56,000円
    WEB販売価格:50,000円

    重さ

    約1,270g

    使用素材

    クラリーノタフロック


    ◆タフボーイDX(安ピカッタイプ)の公式ページはこちら◆

    タフボーイ安ピカッタイプ(マリン×マリン)

    価格

    通常販売価格:54,000円
    WEB販売価格:48,500円

    重さ

    約1,220g

    使用素材

    クラリーノタフロック



    ◆タフボーイ(安ピカッタイプ)の公式ページはこちら◆

    フィットちゃんは毎年、その年に人気だったランドセルをランキングにしてくれます。
    こちらも、フィットちゃんから引用させていただきました。

    フィットちゃんは、安ピカッタイプの人気が強いですね。
    暗闇で光るので親も安心ですし、「子どももランドセルが光るからかっこいい!」と魅力に感じるのかも。

    カラーリングもコンビカラーの人気が高いのがわかります。
    特に、本体が黒でフチやステッチが青色、灰色といったものが人気。

    3位のタフボーイ マリン×マリンは鮮やかな青色なので高学年での使用を考えて避ける方が多いのではと思っていたのですが、かなり人気の様子。
    これは私びっくりしました。

    最近は男の子のランドセルもどんどんカラフルになってきている象徴のようなランキングとなりました。



    男の子向けランドセルランキング天使のはね編

    PUMA 百貨店限定モデル(ブラック×マリンブルー)

    価格

    73,440円

    重さ

    約1,130g

    使用素材

    クラリーノエフ レインガード


    ◆PUMA 百貨店限定モデルの公式ページはこちら◆

    天使のはねクラシック(ブラック)

    価格

    57,240円

    重さ

    約1,140g

    使用素材

    クラリーノエフ レインガード


    ◆天使のはねクラシックの公式ページはこちら◆

    PUMA 百貨店限定モデル(ブラック×ゴールド)


    価格

    73,440円

    重さ

    約1,130g

    使用素材

    クラリーノエフ レインガード


    ◆PUMA 百貨店限定モデルの公式ページはこちら◆

    天使のはねでおなじみのセイバンも、公式サイトで最新の人気ランキングを発表してくれているのでそちらを引用しました。

    なんと、PUMA百貨店モデルが2カラーランクインという結果に!
    去年はこの2カラーが同率1位だったので、今年も同じランドセルに人気が傾いてますね。

    クラシックは去年も2位。
    安定した人気が続いています。

    よく名前を聞くモデルロイヤルやワンパなどは、3位以内にランクインしませんでした。
    やはり、スポーツブランドの人気は侮れませんね。

    カラーリングも落ち着いた黒を基調としたデザインが人気。

    ちなみに公式サイトでは5位まで紹介されており、4位はモデルロイヤルドラグーン、5位はモデルロイヤル・レジオ ノーブルでした。



    男の子向けランドセルランキング萬勇鞄編

    Farbe(ブラック×ブルー)

    価格

    60,480円

    重さ

    約1,400g<

    使用素材

    牛革


    ◆Farbeの公式ページはこちら◆

    Adel Night(ブラック×ワイン)

    価格

    63,720円

    重さ

    約1,400g

    使用素材

    牛革


    ◆Adel Nightの公式ページはこちら◆

    Lily Crest(ブラック×ゴールド)

    価格

    62,640円

    重さ

    約1,400g

    使用素材

    牛革


    ◆Lily Crestの公式ページはこちら◆

    毎年夏休み前に売り切れる萬勇鞄。
    2018年度は、ランクインした3種類のランドセルが特に人気だったようです。

    萬勇鞄は牛革、コードバン、人工皮革から好きな素材を選ぶことが出来るのですが、やはり牛革が人気でしたね。

    1位になったファルベは、2018年度から販売されている比較的新しいモデル。
    牛革の光沢と、カラフルなステッチや背当てがとてもかわいらしいデザインです。
    低学年時はポップな雰囲気に、高学年時はクールに決めることが出来ます。

    ちなみに2019年度の萬勇鞄、去年までの大盛況っぷりを踏まえて生産数を増やしたのでしょうか?6月末でも十分在庫が残っています。
    去年は完売していたモデルも多数あった時期なので、今から夏にかけてラン活しようー!って方も余裕で間に合いますよ◎



    男の子のランドセル、選び方のポイントは?

    今年度、男の子に人気だったランドセルをランキング形式で紹介しました。
    もちろん、ここで紹介しなかったランドセルもたくさんあります。

    では、数多いランドセルの中で男の子のランドセル
    を選ぶ場合、どのようなポイントを重視すればよいのでしょうか?

    ランドセルを選ぶ際に注目しておきたいポイントを、最新ランドセル事情を調査しまくった私がまとめてみました!

    ランドセルの色

    男の子のランドセルは、未だに黒が根強い人気。
    基本的にどのブランドのどのデザインでも、黒色のモデルが存在します。

    無難なカラーを選びたい方は黒がオススメ。

    その他には青系や緑系が着々と人気を伸ばしていますね。
    黒以外でも明るいカラーより、紺色などの暗めのカラーが人気です。

    ランドセルの人気カラー事情についてより詳しくご紹介している記事は、下のバナーからどうぞ!



    ランドセルのデザイン

    男の子のランドセルは、女の子のランドセルと比べて刺繍など、派手な装飾があるランドセルは少なめ。

    選ばれるランドセルも、比較的落ち着いたものが多いです。

    とはいえ、男の子向けランドセルの刺繍やデザインは高学年になっても恥ずかしくならなさそうな落ち着いたものが多いことも特徴。
    本人が気に入ったものであれば、刺繍やデザインがないものを、とこだわらなくても問題ないと思います。

    ランドセルの素材

    男の子はとにかくランドセルの扱いが雑になっていきます。

    傷がつきにくい、汚れがつきにくいものや、ついてしまっても掃除がしやすい素材を選ぶのが無難です。

    私の1番のおすすめはクラリーノ。

    牛革やコードバンも傷はつきにくいとされていますが、人工皮革よりも値段がお高めになります。
    6,7万以上払って、結局汚れや傷でボロボロで後悔…なんてことにならないようにしたいですね。

    特に、最近は防水牛革も多いですが人工皮革と比べて水に弱いのは確かです。
    牛革ランドセルを選ぶ場合は、たとえ防水でも雨の日にはお手入れする覚悟で購入したほうが良さそうです。

    ランドセルの選び方やポイントについて、先輩パパママのランドセル経験談をまとめた口コミページでもっと詳しくお話してますので、下のバナーからどうぞっ!



    私のランドセル選びのポイント

    私は来年入学する弟のために2018年度のラン活を行いました!
    その際私と母が重視したポイントは3つ。

    • 重くないもの
    • 華美でないもの
    • 傷や汚れがつきにくいもの

    これらの条件に合うランドセルを探してラン活!
    黒いランドセルがいいと希望した弟と、母や私の条件を満たしたランドセルに出会うことが出来ました。

    私のリアルなラン活体験記もぜひ参考にしてください(*^-^*)


    最後には子どもの気に入ったランドセルを

    ランドセルの最新ランキングは、黒×他の色というコンビカラーが上位を占めるという結果になりました。

    みなさんのランドセル選びの参考にしていただけると嬉しいです!

    ただ、もしかしたら子ども本人はランキングの結果から離れたランドセルを希望するかも。

    もちろん、ランキングはあくまでその年の傾向なので、子どもの意見を最優先に考えてあげてくださいね。