毎年大人気の鞄工房山本のランドセルの評判や口コミは?


西日本を中心に人気を集める工房系ランドセル、鞄工房山本

公式サイトを見に行くと、独特のデザインやカラーリングが目に入り、見ていてもとても楽しいランドセルです。

そんな鞄工房山本ですが、毎年販売から数日で完売する程の超人気ブランド!

鞄工房山本のランドセルをGETするためには、並々ならぬ準備と努力が必要なのだとか…!?

そんな鞄工房山本の情報をまとめてみました!

鞄工房山本の基本情報まとめ


価格帯

55,000円〜179,000円

使用素材

コードバン、牛革、人工皮革(コードレ)

重量

約1,300g〜約1,480g

A4フラットファイル

サイズ
高さ(mm)×奥行き(mm)×横幅(mm)
A4フラットファイルサイズ


=310×115×233

オーダーメイド

×

カタログ配布

◯ インターネット申し込み

生地見本配布

>◯ インターネット申し込み

保証制度

◯ 6年間修理保証


鞄工房山本、現在再販期間中!
売切れモデルはまだ少なく、購入のチャンスは十分にあります!


    鞄工房山本ランドセルの特徴

    鞄工房山本のランドセルは、6年間壊れないような耐久性を追求した工夫がなされています。

    また、その他にも見た目の美しさにこだわった工夫や技術が使われていているんです!

    鞄工房山本の技術やこだわりの中でも、特に注目してほしいポイントをいくつかピックアップしました!

    一枚革の肩ベルトで耐久性アップ


    通常、ほとんどのランドセルの肩ベルトは、革をつなぎ合わせて作っているそうです。

    でも、山本の場合はここでひと工夫。
    肩ベルトもしっかりと、途切れることなく大きな1枚の生地から切り出しています。

    こうすることで余計な縫合を減らし、耐久度を上げているんですね。

    …というか、この山本の工夫を知るまで、肩ベルトはつなぎ合わせた素材を使っていることが多いと知りませんでした…。

    たしかに、肩ベルトは全部伸ばすと結構な長さになるので、ここまで長いパーツを取れる大きさの生地が少ないのかもしれませんね。

    高級感あふれる美しいコバ塗り


    鞄工房山本のランドセルのフチ部分は、コバ塗りという技術が採用されているモデルがほとんどです。

    コバ、コバ塗りってなあに?

    コバとは、革の裁断面のことです。 コバ塗りとは、コバを磨く、ニスを塗る、という工程を繰り返して仕上げていく製法のこと。

    コバ塗りは、高級な革製品などに用いられる伝統技術です。
    手作業で、なおかつしっかりと技術を持った職人でないと作ることが出来ません。


    ランドセルにコバ塗りを取り入れているブランドはほとんどなく、有名所だと鞄工房山本や生田ランドセルになります。

    他のブランドのランドセルは、フチに違う皮革をかぶせてあったり、表面の皮革を裏側までかぶせて縫い合わせる製法で作られていることがほとんど。

    フチがコバ塗りであるだけで、垢抜けたような、一味違う見た目になりますよね。

    使いやすいワンタッチオートロック錠



    最近のランドセルの基本性能としてよく見るようになったのが、オートロック錠前

    金具をはめ込み、少しの力で押すと自動でくるんっとロックしてくれるという優れもの。

    私が小学生の頃にも実は存在していて、学年で数人はこのオートロックまたはそれに似た機能がついたランドセルを使っていました。
    わたしは手で回すタイプだったので、めっちゃうらやましかったですね笑

    そんなオートロック錠、工房系ランドセルで導入しているブランドはあまり多くありません。
    鞄工房山本は金具メーカーとの協力でオートロック錠前を独自開発し、2015年以降のモデルで導入されています。

    ちょんっと押すだけで金具が閉まるこの機能は、あると案外便利だったりします。

    鞄工房山本ランドセルのおすすめポイント





    鞄工房山本のランドセル、私のおすすめポイントはやはり、ランドセルのデザイン性!

    山本のランドセルは、とにかくおしゃれなデザインが多いんです!

    男の子モデルのLiberta(リベルタ)は牛革ランドセルですが、表面がデニム調に加工されています。
    デニム柄のランドセルってなかなかないけど、とってもおしゃれ!

    一部ヌメ革という、天然の牛革に近くほぼ加工がなされていない高級素材が使われていたりします。
    撥水加工がされておらず、他の生地と比べると傷がつきやすい素材ではありますが、年々本革としての風合いが増していくので、年季が入るとさらに味が出るデニムと同じ。

    数年かけてゆっくり素材の変化を味わっていきたいモデルですね!

    女の子モデルのFIORE(フィオーレ)シリーズは、小さめのコスモスがかぶせとサイドに縫い付けられたバージョンと、大きなお花が縫い付けられたバージョンの2種類が特に目立つデザインですね。

    お花モチーフの刺繍やデザインは他のブランドでよく見ますが、山本のようなモチーフをそのまま縫い付ける、といったデザインは他ブランドではほとんど見かけません。

    かなり大胆なデザインではありますが、だからこそ可愛い!って思います。

    モチーフがお花なので、高学年になっても使いやすそうですよね。

    鞄工房山本っていつ、どこで買う?

    私が調べてきた中で、最も競争率が高いのでは?と戦慄したのが、実はこの鞄工房山本。

    販売開始から数分で完売するモデルが続出するなど、とにかく山本の2018年度4月入学用モデルは大混戦を極めました。
    2017年度モデル販売の際には、店舗に行列ができて炎天下の中数時間待ち…といったことも話題になり、何かと毎年問題が起きている鞄工房山本…。

    それに対し、2019年度用のモデルの売れ行きは比較的ゆるやかですね。

    2019年度モデル、狙ったランドセルを購入するためにはいつ頃から動き出すべきか?
    簡単にまとめてみました!

    鞄工房山本のランドセルを購入できる場所

    鞄工房山本のランドセル、今2019年度用販売も昨年に続き通販のみの販売です。

    一昨年に起きた店舗の大行列を受けて、対応不可能と判断したからでしょうね。

    販売開始日には店舗も休業し、ホームページも販売用ページに切り替え、臨戦態勢です。笑

    ちなみに気になるサーバーの状況ですが…、

    特に大きなサーバー落ちはせず、販売開始時間にホームページに張り付いてた方々は結構余裕で購入できたようです。

    ただ、人気モデルの人気カラーは販売後即完売。
    販売開始時間を事前に調べ、開始と同時に購入できるように待機しておきましょう。

    ちなみに、PCでもスマホでも購入できたという声があったので、最悪外出先でも大丈夫かも。

    情報入力は事前にメモなどに書いておいてコピペするのが楽です!笑
    コピペがショートカットキーでさくっとできるので、個人的にはPCでの購入をおすすめします!

    鞄工房山本のランドセルを購入する最適の時期は?

    昨年までは、決められた販売開始時間に購入しなければ買えない、とまで言われていた鞄工房山本。
    確かに昨年は、人気カラーは本販売も再販も即刻売り切れていました。

    ちなみに販売スケジュールは、

    こんな感じでした。
    いったん13日の24時にすべての申し込みがストップされ、15日12時半〜再販が始まっています。

    ちなみに2019年度用の販売、再販の動きを逐一チェックしてますが、1番早くて販売開始15分で売り切れてたモデルがありましたね。
    男の子のレイブラックです。
    毎年人気のモデルね。

    いや…、すごすぎますよね。
    我が家のランドセル選びの場合、山本は候補に挙がりませんでした(なぜか)。
    でも、今こうして調べてみると、山本狙わなくてよかったかも…って思ってしまいます。

    もちろん、ランドセルの品質は良いものですし、悪い意味ではないですよ!
    でも、わたしは戦えなかったかも…と思ってしまいますね…。
    今年度モデル、無事購入できた方はお疲れ様でしたと言いたいです。

    さて、不安を煽ってしまいましたが、2019年度用のモデルはかなり余裕があるみたいです。
    現在再販期間中ですが、売り切れているモデルの方が少ないほどです。

    やはり、去年の使用素材に関する騒動で例年の勢いが失速してしまった様子。
    山本が気になってる方、まだまだ間に合いますよ〜!

    クレジットカードが使えない!?

    2018年度版ランドセルの購入の際、クレジットカードがロックされてしまったという方が数人いたようです。
    詳しい原因はわかりませんでしたが、クレジットカード会社が普段決済しないような業者での買い物だったのでロックしてしまったのでは?という意見も。

    決済情報の入力中に売り切れてしまった…なんて話も聞いたので、自分が利用できるクレジットカードを事前に数枚用意しておき、情報をすぐにコピペできるようにメモ帳などに準備しておくと良いかもしれませんね。



    素材の表記不足?2018年、鞄工房山本に起きた騒動まとめ


    鞄工房山本についてある程度調べた方なら目にした方も多いのではないでしょうか。

    2018年度、鞄工房山本の使用素材についての問題。

    某有名掲示板でも、連日ずっと話題になっていました。
    この問題、初めて見たとき私は何事?とかなり驚いたんですが…。

    簡単に、何があったのかまとめてみました。

    • 山本鞄がこだわっていたはずの背当て、肩ベルトの素材が、ソフト牛革から人工皮革に変更される
      以前から、一部モデルには人工皮革が利用されていましたが、2018年度モデルよりかなりのシリーズが人工皮革に変更されていました。

      しかし、HPやカタログには非常にわかりにくい場所にしか記載がなく、どのシリーズが人工皮革なのかわからない状況だったとのこと。

    • これについて、Facebookやメールなどで山本鞄に多くの方が問い合わせ。
      この問い合わせを受け、山本鞄はHP上の記載を変更する対応を行いました。

    • 人工皮革が利用されていることを知った購入者さんがキャンセルを申し出ると、通常5,000円かかるはずのキャンセル料を無しでいいという対応
      しかしこれについて、山本鞄は一部購入者さんに対してこのことは口外しないようにと発言した、という内容の書き込みがあり、山本鞄の対応に疑問を抱く方が激増。

    • その後、数多くの問い合わせを受け山本鞄は今回の件についての詳細を発表 この書面発表前は、問い合わせをした方に限り


      ソフト牛革を使用している、と勘違いして購入した方

      購入の際にクレジットカード会社からのセキュリティーロックがかかり第1希望のランドセルが購入できず、第2希望のランドセルをやむを得ず購入した方



      この2つのケースを特例として、キャンセル料無料でキャンセルを承るような対応を行いました。

      書面発表後、今回の販売に限り7月末まではどのモデルもキャンセル料無しでキャンセル可能に。
      また、背当てや肩ベルトが人工皮革になっているランドセルを申込んだ方は、背当てや肩ベルトがソフト牛革で作られているモデルへの変更を受け付けると発表しました。


    ざっとまとめるとこういう流れだったようです。
    壮絶ですね…。
    今回の件について、具体的には

    • あれだけこだわっていると言ってたのになぜ素材を人工皮革に変更したのか
    • 変更したことをなぜわかりやすく明記しなかったのか
    • なぜ「口止め」をしたのか
    • (今回の件とは直接関係はないが)なぜ「キャンセル待ち」対応は問い合わせをした人にしか開示せず、WEBなどで公表しなかったのか

    …などが原因で日夜購入者同士、議論がかわされていました。

    我が家は特別素材にこだわり抜いていたわけじゃなかったのですが、ソフト牛革であることにこだわりがあった方からすれば、たしかにたまったもんじゃないかもしれません。

    ただ個人的には、子どもが気に入って選んだデザインのランドセルを、親のこだわりでキャンセルするってどうなんだろう?とも思いました…。

    誰が背負うものなのか、誰のためのものなのか。
    親としてのこだわりも大切にしてほしいとは思いますが、何よりも優先すべきは子どもの意見かなと。

    山本鞄の詳細発表を読みましたが、私としてはまぁ納得できるかなという内容でした。
    でも、来年以降はもう少し真摯に対応してくれるといいですね。

    鞄工房山本のキャンセル待ちとは?

    予約されたランドセルが何らかの理由でキャンセルされたり、生産上で予定を超えた数のランドセルが生産されるなど、余剰分のランドセルが発生した際に、先着順で販売案内を行ってくれるという内容
    2019年度はキャンセル待ち対応なくなるかと思いきや、今年もやってくれていますね。
    ただし、昨年までは店頭または電話でのみの対応だったものが、今年からはインターネット上のみでの受付に変更されているので注意!

    5月18日の20時より、鞄工房山本のサイト上で受付を開始します。
    13日の販売時に希望モデルが購入できなかった方が対象なので、もし購入できず、まだ諦められない方はキャンセル待ち対応に申し込んでおきましょう!


    事実に基づきいろいろ書いちゃいましたが、鞄工房山本のランドセルの品質は非常に高く、デザイン性も他のブランドの追従を許さないレベルの高いものばかりです。
    工房さんと上手に付き合っていくことができれば、昨年までの問題もそこまで重要視しなくていいんじゃないかなって私は思います。

    アウトレットランドセルの販売は?

    色んな意味で注目度の高い鞄工房山本。
    実はアウトレット品の販売もあるんです。

    昨年の販売時期は2018年1月13日から売り切れるまで。
    かなり時期が遅かったんですが、今年は5月26日(土)の午前10時から!
    この日の販売は奈良本店のみで、翌日27日以降にまだ在庫があれば、東京の銀座店、表参道店でも販売されるとのこと。
    WEB上での販売はないので注意です。

    販売されているランドセルは、

    • 生産過程で傷がついてしまうなどして通常提供ができなくなってしまったランドセル
    • サンプル品として店舗に展示してあったランドセル
    • キャンセル待ち案内ができなかったキャンセル品

    など、わけあり商品。
    傷など、実物の状態を確認し、納得してもらって販売をするため、アウトレット品は銀座表参道奈良本店の3店舗で行われる店頭販売のみとのことです。

    鞄工房山本のランドセルを購入した人の口コミ


    コードバンですが、特に特別な手入れなく、とてもきれいに使っています。現在4年生。新品同様とまではさすがに言えませんが、本革の風合いなんだなと思います。


    男の子です。本革ランドセルがよかったので、リベルタを購入しました。デザインもオシャレで、親も本人もとても気に入って使っています。ヌメ革が風合いを出してくれるのが楽しみです。


    フィオーレブロッサムを購入しました。住んでる地域が関東でも関西でもないので、山本は珍しいらしく、娘がとっても褒められて嬉しそうです。まだ2年生だけど、傷もヘコミもありませんよ。


    立ち上がり型の肩ベルトじゃないので馴染むかな?と心配してましたが、問題なく今年卒業!肩が痛いとか、本人が言ってるところは1度も聞いたことないです。


    ランドセルとしての質は本当に高いと思います。コバ塗りもキレイで高級感があって。年々教科書が増えて荷物が重くなってかわいそうだけど、文句も言わず学校行ってるので、本当に背負いやすいんでしょうね。


     


    山本の口コミは、良い内容のものばかりでした。
    最新の口コミを探すとやはり、素材の表記に関する対応の悪さが…って口コミを見かけましたが、ランドセルの質はとにかく良いんですよね。

    ランドセルについての悪い口コミは見かけませんでした。

    特にデザインが可愛いくてオシャレなので、デザインへの口コミも多かったです。

    男の子におすすめの鞄工房山本のランドセル

    鞄工房山本のランドセルを調査している中で、私が特に素敵だな!と思ったランドセルを紹介していきます。

    まずは男の子向けランドセルから。
    男の子におすすめなのは、Liberta(リベルタ)。
    カラーはデニム調・紺です!



    リベルタ、私の中では男の子モデルで1番おしゃれだな、可愛いなって一目惚れ感覚でした!

    ランドセルでデニム調って、すごい発想だなと思いました。
    デニムっぽい柄なのに、牛革なんだから驚きです。

    茶色の部分はヌメ革。
    ヌメ革と言えばお手入れが大変な超高級皮革ですが、すべてがヌメ革なわけではないのでかなり神経質にお手入れをする必要もなく、手を出しやすいかもですね。

    お値段は75,000円と少しだけ高めに感じますが、牛革とヌメ革のランドセルだと思えば高すぎるわけでもないかなと思います。

    女の子におすすめの鞄工房山本のランドセル

    続いて、女の子におすすめのランドセルも紹介していきます。
    私が女の子におすすめだなと思うランドセルはFIORE cosmos
    カラーはワインです。



    フィオーレはブロッサムとコスモス、2種類ありますが、私はコスモスのほうが好きです。

    ブロッサムもとても可愛いと思うんですが、コスモスのさりげない感じがオシャレでいいなと思います。

    カラーは8色あります。
    その中でも大人っぽくて落ち着いたワイン色をチョイス。
    2018年度のランドセル販売でも、ワイン色はとても人気だったそうです。

    大人っぽい色を好む子も多いんですね。

    お値段は65,000円と、牛革ランドセルなので妥当なお値段だと思います。
    むしろ、このデザインを考えると良心的なお値段じゃないかな?

    背当てや肩ベルトもピンクで可愛らしいですよね。

    今後も目が離せない鞄工房山本

    ランドセルの質の高さやデザイン性の高さが人気の鞄工房山本。

    2019年度版のランドセル販売では、昨年までの騒動の挽回が出来るか?個人的に注目していきたいところ。

    関東で特に人気の中村鞄と同じか、それ以上に激しい通販戦争ですが、狙ったランドセルがある方はぜひ頑張ってゲットしてほしいなあと思います!

    今後の情報開示も楽しみですね。