売り切れ必至!黒川鞄ランドセルで失敗しないためには?口コミから人気を紐解く


年々激化するラン活
特に、工房系ランドセルはどのブランドも夏休みが始まる前から販売が開始され、すぐに売り切れてしまうこともしばしば…。

そんな中、知る人ぞ知るランドセルブランドとして人気を誇るのが黒川鞄ランドセル

本店が富山県にあり、北陸を中心に長い間、何世代にも渡って愛用されている老舗ブランドです。

東京銀座にも店舗を開店し、デパートなどへの卸売をしない比較的少数販売なブランドながらも、全国各地から根強く支持されています。

そんな黒川鞄ランドセルはどうして人気なのか?
どういうところがおすすめポイントなのか?
狙ったランドセルを購入するためにはいつから動き出すべきなのか?

…などなど。
弟のランドセル購入のため、やけにランドセルに詳しくなった元女子大生(無事卒業しました!)が、徹底解説します!


黒川鞄のランドセルの基本情報まとめ

価格帯

58,000円〜198,000円

使用素材

牛革(スムース、シボ)、コードバン、クラリーノ(本店/通販は8月8日まで数量限定)

重量

1,280g〜1,580g

A4フラットファイル


全モデル中5モデルのみ対応

サイズ

高さ(mm)×奥行き(mm)×横幅(mm)

A4フラットファイル未対応:310×110×225
A4フラットファイル対応:310×120×235
※各モデルによって差異あり

オーダーメイド

×

カタログ配布

◯ インターネット申し込み

生地見本配布

×

保証制度

◯ 6年間修理保証




黒川鞄ランドセルの特徴


全モデルA4フラットファイル対応は当たり前、ランドセルが確実に手に入るよう期間限定で完全受注生産…などなど、ラン活する親子に優しいサービスを各ブランドが取り入れいている中、黒川鞄はサイズ変更に対応しつつも昔ながらの雰囲気を遵守しているイメージがあります。

まさに老舗!というイメージがある黒川鞄ですが、ラン自体にはどのような特徴があるのでしょうか?

数ある黒川鞄ランドセルの特徴の中でも特に私が気になった&注目したい特徴をピックアップしてご紹介します!


高級感のある天然皮革&人工皮革製のランドセル


黒川鞄ランドセルといえば、とにかく高級志向なランドセルが特徴!

価格帯も決して安くなく、余計な刺繍などもないシンプルなデザインで、他のブランドとは一味違う高級感を演出してくれます。



こだわり抜かれたツヤのあるコードバンや、



スムースとシボ加工のどちらかから選べる手触りの良い牛革まで。

素材からきっちりこだわって作られていて、なおかつ本革ランドセルで不安になる方が多い防水面もしっかり対策されています。

そもそも黒川鞄の本店がある富山県は豪雪地帯です。
そんな富山県の小学生たちが、特別な手入れをしなくても安心して使えるよう、防水だけでなく防雪加工もバッチリ!

素材の味が生かされたきれいで高級感あるランドセルを、経年によって増す風合いと一緒にキレイなまま使えるというのは、まさに本革ランドセルに魅力を感じるご家庭が求めるランドセルそのものなのではないでしょうか?

本店限定販売ではありますが、本革よりも軽い人工皮革製のランドセルも、傷がつきにくく軽いことで有名なクラリーノFを使用しています。

フィットちゃんや天使のはねなど、超有名ランドセルメーカーでも主材料として多く使われている素材なので、安心して使うことができますよ!


選べる大容量!ワイド&ビッグサイズのランドセル


現在黒川鞄で、A4フラットファイルが入るモデルは5種類

スムース牛革ワイドスムース牛革ビッグシボ牛革ビッグコードバンワイドコードバンビッグの5モデルです。

機能面ではほとんど差がないように見えるワイドとビッグですが、それぞれ何が違うのでしょうか?

牛革は1万円、コードバンは2万円、それぞれ価格が違うので、しっかり見極めて検討したいところではあるんですが…。

はじめて黒川鞄のサイトを見た時、間違い探しかな?というくらいなかなか差を見つけるのが難しかったので、分かりやすくかんたんに違いを解説します!


ランドセルの見た目が違う


まずワイドとビッグではランドセルの見た目が違います。

ワイドはランドセルのヘリがない、いわゆるキューブ型ランドセル
ビッグはランドセルのヘリがある、いわゆる学習院型ランドセルです。

キューブ型はランドセルがコンパクトになるので、小柄な子や女の子に人気のモデルですね。


小マチ、前ポケットのサイズが違う



これは一見気づきにくいことなのですが、写真を見ると結構わかります。



比較すると、ワイドよりもビッグのほうが小マチが広く、逆に前ポケットはワイドのほうが厚みのある作りになっています。

ビッグのほうが容量が大きく、小マチにもしっかりA4フラットサイズが入るとのことなので、より大容量のランドセルが欲しい場合はビッグにすると良いかな?と思います◎

 


個人的には、サイズ的な観点のみで見るなら、無理にビッグにせず、ワイドでも良いんじゃないかな〜と思います。

重さも100gくらい変わりますが、結構それくらいなら気にならない子が多いです。

黒川鞄のランドセルは肩ベルトが立ち上がり型で、肩と背中にフィットするタイプ。
重いものを背負ったときに負担にならないような作りになっているので、試しに背負ったときにお子さんが「重い!」と訴えなければ問題視しなくても大丈夫です。

価格が1万円変わるとなるとちょっと…と躊躇しちゃう場合は、ワイドでも全然使い勝手良いと思いますよ〜ってことをお伝えしておきますね。


黒川鞄ランドセルのおすすめポイント


黒川鞄気になってきた〜って方も多いと思うので、ここで私がおすすめしたい黒川鞄ランドセルのポイントを2点ご紹介します!

特に本革ランドセルの購入を検討している方は是非チェックしてくださいね!

黒川鞄はコードバンでもカラバリ多数!


黒川鞄のランドセルを初めてチェックした時、私が何よりも思ったのはこれ!

コードバンのカラバリすごいじゃん!!っていうところ。

コードバン(馬革)は、1頭の馬からランドセル2つ分くらいしか革が取れないと言われるほど高級な本革だということは、ご存じの方も多いはず。

もちろん希少価値が高い革だから高い!ってのもあるんですが、コードバンって、色つけたりする加工が他の本革よりも難しいらしいんですよね。
だから、カラバリも結構限られることが多いんです。

牛革のカラバリが多い土屋鞄や中村鞄でも、コードバンはあんまりカラバリは多くありません(色は可愛いんだけどね;;)。

ですが、黒川鞄のコードバンランドセルはこのカラバリ!



モデルによっては2色しかないものもあるんですが、コードバンランドセルの中でも特に人気のコードバンビッグシリーズはこの圧巻のカラバリです。

革の色がカラフルなのもさることながら、ステッチの色も。
コードバンランドセルのシンプルさ、高級感を大切にしながらも、カラフルなランドセルがいい!というお子さんの希望も叶えてくれる夢のようなランドセルライン。

我が家は「安くて丈夫なもの!」という探し方をしていましたが、おじいちゃんやおばあちゃんがお金を出してくれるようなご家庭は、「ランドセルはコードバンでしょう」って素材限定で探すんだとか。

メッチャつるんつるんのコードバンランドセルを背負っている弟の友達のお母さんに話を聞いたときに、そういう探し方もあるんだ…と思いましたね…。

その子はコードバン限定で探したから、色も選ぶ間もなく赤になってしまったんだとか。

黒川鞄は、コードバンでもカラフルなランドセルを持ちたい!って子にはぴったりのブランドなんだなと思います◎

背負いやすい立ち上がり肩ベルト はばたくランドセル


本革ランドセルは重い!ってイメージがある方、多いと思います。

まぁぶっちゃけね、重いんですよ。
私も弟のランドセルを選ぶときに、自分自身が小柄なのでランドセルを実際に背負って試してみました。

さすがにうちは本革ランドセル狙いじゃなかったので総コードバンランドセルは背負えなかったんですが、めっちゃ軽い900gくらいのイオンのランドセルと、コードバンを使った1,500gくらいのランドセルでは、違うなって感じます。

ただ、あくまでランドセルを空っぽで背負った状態のときは!

結局ランドセルには荷物を入れます。
1年生でも、1kg近くの荷物を入れて登校します。

イオンでランドセルを試した時、2kgくらいの重しを入れて背負ってみました。

ぜんっぜん変わらん。
むしろ違いある?ってくらい変わらんです。

本革ランドセルを選ぶ時、注目すべきなのは重さよりも肩ベルトの立ち上がりの有無と、子どもが痛がらないか?という点。
※もちろん本革ランドセルを重いって言う子もいますので、重しを入れて比較しても重そうにしていた場合は人工皮革を検討してあげてください。

さて、話がちょっとずれたんですけど…。
黒川鞄は、本革ランドセルがメインのブランドですが、肩ベルトが立ち上がっていて左右非連動型



立ち上がった肩ベルトが重い荷物を入れたランドセルをぐっと持ち上げて肩や背中にフィットさせてくれる構造です。

最近、工房系ランドセルでも立ち上がり型の肩ベルトが増えてきましたね。

立ち上がりじゃない肩ベルトも、時間が経てばその子の肩の形にフィットしていくと言いますが、やはり私の弟も立ち上がった肩ベルトのほうが背負いやすいと言っていました。



なんで黒川鞄のはばたくランドセルのような立ち上がり肩ベルトのほうがいいのか、黒川鞄のサイトにとってもわかりやすい解説があったので載せておきます。

この図解を見ると、立ち上がっていたほうが良いのかも!となりますよね。

とはいえ立ち上がっている肩ベルトだと身体に食い込んで痛い…という子もいるみたいなので、できればしっかり店頭で背負ってみてから決めることをおすすめします。

黒川鞄のランドセルっていつ、どこで買うのがおすすめ?


黒川鞄は、他の工房系ブランドと比較すると販売箇所が少なく、なおかつ通販もかなり早い段階でなくなってしまいます!

黒川鞄のランドセルが欲しい方は、4月には展示会に足を運べるよう年度末から準備しておくことがかなり重要!!

早くない!?と思うかもしれないんですが、いや私も思いましたが、特に2020年度はかなり早かったです。

2021年度の新入生の方は、事前の準備をしっかりしておきましょう。


黒川鞄を購入できる場所


黒川鞄のランドセルを購入できる方法や場所は3つ。

公式サイトの通販か、富山・銀座の店舗か、全国の都市部に出張する出張店舗の3つです。

通販は全国どこでも対応可能ですが、実物を見られるのは店舗か出張店舗のみ。

本革ランドセルは、背負いやすい、背負いにくいなどの好みが分かれやすいランドセルです。
できれば1度でも実物をチェックしたほうが良いと思うので、可能な限り近い出張店舗に行く予定を立てることをおすすめします。

富山・銀座の店舗


黒川鞄は、富山県の本店と銀座に実店舗があります。

黒川鞄のランドセルに詳しいスタッフが常駐していて、丁寧に質問や疑問に答えてくれるので、安心してランドセルを選べるのが実店舗。

黒川鞄のすべてのランドセルを試すことができますし、何より大きいのは店舗限定のクラリーノ製ランドセルを購入できること!

黒川鞄は本革メインのブランドですが、軽くて背負いやすいクラリーノランドセルも、実は実店舗限定で販売しています。

クラリーノの重さと比較して本革ランドセルを試すことができる良い機会でもあるので、関東圏や北陸圏の方は実店舗に行ってみると良いと思います。

8/8までクラリーノランドセルが公式サイトで購入できるチャンス!
黒川鞄ランドセルでは、今年度モデル早期完売を受け、500個限定でクラリーノモデルを公式サイトで販売中!
日程限定+在庫がなくなり次第終了なので、気になる方は早めにチェックしてくださいね!

クラリーノ販売ページはこちらから!

公式通販


公式サイトでの通販が、1番購入しやすいと思います。

実際に店舗で見て、他のブランドも試してあとから通販で〜…ももちろんOK。

店頭販売と特典は同じなので、安心して注文できます。

出張店舗


黒川鞄は、デパートや展示会での出展はなく、各地で独自の出張店舗を開催します。

参考までに、2020年度入学者用の出張店舗の場所と日程はこちら。



本店が富山だからか、北陸や中部を中心に都市部での開催って感じですね。
北日本や九州方面は出店がないので、なかなか実物を見に行きにくいのが残念なところ…。

出張店舗でも気になるランドセルを試しながらスタッフさんが親身に教えてくれるので、距離的に行けそうな方はぜひ、行ってみると良いと思います!

黒川鞄を購入するのに最適な時期は夏休み前!


2020年度入学者モデルがかなり早い段階で完売してしまった黒川鞄。

狙ったランドセルを確実にゲットするためには、どれくらいから動けば良いのでしょうか?

ラン活って基本的に、早くても4月くらいから。
多くのご家庭はGWから夏休み頃に動き出すところが多いと思うんですが…。

黒川鞄はびっくりするほど早いです。

さっきの出張店舗の日付、見てもらうと分かるんですが、そもそも出張店舗がめっちゃ早い!

そして実は、カタログの締切もかなり早いんです。
今年度は3月の段階で、紙のカタログ注文が締め切られました。

正気か?というくらい早くて、すっごいびっくりしたのを覚えてます。

カタログの受付自体が、前の年の11月から始まるという爆速ぶり。

狙っているランドセルを黒川鞄革鞄で購入するには、

  • 年明けすぐにカタログ注文
  • 4月〜5月頃に可能ならば実物を見に行く
  • GW〜5月いっぱいまでに購入する

これくらいのスピード感が必要です。
ちなみに今年度は4月3日販売開始で、6月10日には通販で購入できるランドセルはすべて完売してしまいました。

黒川鞄自体が地域密着型なブランドなので、カタログも含めてそもそもの販売個数がかなり少ないんだと思います。

ちょっと早すぎるかも!?と逆に不安になるかもしれませんが、黒川鞄に関しては早すぎて悪いことはないので、気持ち早めに行動することを心がけましょう◎

黒川鞄を購入した方の口コミ


娘はもともとステッチやカラフルな色味のランドセルより、シンプルな赤を欲しがったので黒川鞄に決めました。見た目もシンプルなのに、いろんなランドセルが並んでる中でひと目で娘のものだと分かるくらい、とてもきれいなランドセルで気に入っています。


ギリギリまで他の工房系ブランドと迷いましたが、やはり質が良いのが目で見て分かることと、店員さんの売り込みっ気のなさに好感度を覚えて黒川鞄にしました(笑)使用開始して1年経ちますが、ぞんざいに扱っている割には傷も潰れもまったくなく、買ったときとほとんど変わりません。


本店のある富山ではないですが豪雪地帯に住んでいるので、雪でも特に手入れせず使えるランドセルを探して黒川鞄にたどり着きました。濡れてしまったら水気を拭き取ったりはしますが、それ以外のことをほとんどしていないのにまったく劣化しません。あまり強くない人工皮革ランドセルを背負っている子は、革がふやけてきてしまっていました。雪国の人は重視したほうが良いポイントだと痛感しました。


3年生になりましたが、傷は一切ありません。高かっただけはあって、やはりかなり丈夫です。黒川鞄はベルトなど細かいところまで本革なのでとにかく重いですが、立ち上がりの肩ベルトで問題なく背負えている感じがします。


祖父のお祝い金で予算に余裕があったので思い切ってコードバンのランドセルしました。ほしかったモデルがA4フラットファイル未対応だったので、泣く泣く違うモデルにしましたが…。質がいいランドセルなので、全部A4フラットファイル対応にすべきだなと思います。


お店で試しに背負ったときは「重くない!」と言っていたのに、学校で超軽量ランドセルを使っているお友達に背負わせてもらってから急に「わたしのランドセルは重い」と言い始めました…。幸い通学が嫌になるほどではないようですが、なんだかちょっとショックでした(泣)


 


黒川鞄のランドセルは、傷の付きにくさ、防水性や防雪性など、機能面でのマイナス口コミはまったくと言っていいほど見かけませんでした。

シンプルな見た目ながら、高級感があり他のブランドよりもきれいに見えるので、親子で満足している方が多いようです。

気になったのは重量に関する口コミ。
やはりほとんどを本革で作っているので、クラリーノ製のランドセルなどと比べるとどうしても重く感じてしまう子もいるみたい。

家から2〜3分ほどしか歩かない距離なら大丈夫ですが、結構長距離になる場合はしっかり考えてあげたほうが良いかもしれませんね。

そういうところを確認するためにも、1度店舗に見いく、他の候補もあれば、そちらのランドセルと比較させてみると良いかもですね。

すぐに感覚を忘れちゃうので、できれば同じ日に見に行けると◎です!

男の子におすすめの黒川鞄ランドセル


それでは、黒川鞄ランドセルの中でも特に、わたしが個人的におすすめしたいランドセルをご紹介します!



男の子におすすめしたいのは、牛革ースムースランドセルのブラック

サイズはワイドをチョイスしました。
学習院型のビッグも昔ながらの感じがして好きなんですが、個人的にはキューブ型のコロっとしたフォルムが好きなのでこちらで。

価格は税込みで73,440円と、同じ牛革ランドセルの中ではちょっとお高めのお値段です。

ランドセルに7〜8万出しても大丈夫!って方なら、ぜひ黒川鞄をおすすめしたいですね。
ブラックってベーシックの中のベーシックって感じの色なんですが、だからこそ機能面や革の美しさや手触りが大切になってきます。

ツヤツヤの真っ黒なランドセルというよりは、さらっとした手触りだけど、硬さのあるしっかりしたランドセル。
高級感もさることながら、実は機能面も備えた牛革ランドセルの真骨頂!というイメージ。

牛シボもおしゃれな感じがするんですが、やっぱり男の子はA4フラットファイル入るべきだよな〜と思ったのでこちらにしました◎



女の子におすすめの黒川鞄ランドセル




女の子におすすめなのは、コードバンビッグのカラーはローズ

お値段が税込みで127,440円とか〜な〜り高額になってしまうのがネックですが…。

まず色が可愛いですよね。
コードバンでこの色味、なかなかないです。

ピンクともレッドとも言えない絶妙な色味は、親子間の色にまつわる喧嘩も起きなさそうな素敵なカラー。

あと、何個もランドセルを触ってきたわたしから言わせてもらうと、ほんっとにコードバンの手触りって最高なんですよね……!

コードバンは本革の中でも特に耐傷性が高く、かつ黒川鞄のランドセルは防水・防雪機能もついているので、今までのコードバンランドセルのような懇切丁寧なお手入れが必要ないのも魅力。

お値段的に問題なく、コードバンの高級感を大切にしたい方にはぜひともおすすめのランドセルです。



黒川鞄は背負やすさも高級感も重視したい人におすすめ


ランドセルは一生モノの買い物。
せっかくだし他の子よりも高級感があるランドセルをもたせたい!なんて方には、黒川鞄はかなりおすすめのブランドです。

実際に黒川鞄のランドセルを購入した方も、無理やり子どもに勧めたというよりは、子どもから気に入って購入するパターンが多く見られました。

キレイで手触りの良いランドセルは、幼稚園や保育園で先生に教えてもらったり、絵本で見るようなランドセルのイメージにぴったりなんだとか!

動き出しが早いこと、価格帯が高いことがちょっと気になる方も多いと思いますが、その人気ぶりや高額なところも納得してしまうくらい品質の良いランドセル。

ちょっとくらい奮発していいものを、とお考えの方は、ぜひ1度検討してみてくださいね!