羽倉ランドセルの口コミや特徴って?おすすめなど徹底解剖!


近年工房系ランドセルの需要が高まり、様々なメカーがランドセルを売り出していますよね。

そんなランドセル黄金時代と言っても過言ではない時代に、新しく名乗りをあげてきたブランドが羽倉の手づくりランドセル

聞いたことない…。って方も多いと思います。
ご安心ください。
実は羽倉、つい昨年からランドセル事業に参入した超ルーキーブランド。
知らない方が多いのも仕方ないかなーっと。
実際私もたまたまネットサーフィンで見つけるまで知りませんでした。

おそらく、2019年度モデルから徐々に注目を集めていくことになると思います。
ってことで、羽倉ランドセルの情報をランドセル博士である私の所感と交えてまとめてみました!

追記:
展示会で羽倉見てきました〜!!
展示会の様子や感想などをレポにまとめたので是非読んでみてくださいねっ!
ランドセルの羽倉の合同展示会に行ってきました!

羽倉のランドセルの基本情報まとめ

価格帯

59,400円〜73,440円

使用素材

コードバン、牛革

重量

約1,350g〜約1,450g

A4フラットファイル

サイズ

高さ(mm)×奥行き(mm)×横幅(mm)

A4フラットファイルサイズ
=360×110×232
(高さのみ外寸)

オーダーメイド

△(モデルによってステッチ選択可能)

カタログ配布

◯ インターネット申し込み

生地見本配布

◯ インターネット申し込み

保証制度

◯ 6年間修理保証




羽倉ランドセル2つの特徴

最近ランドセルを販売し始めたばかりの羽倉。
工房系ランドセルってどうしても、老舗こそ良いものを作っていると思いがちですよね。

もちろん伝統を重んじ、長い間ランドセルを作り続けてきた老舗ブランドのランドセルはどれも一級品です。
だからといって、新規ブランドのランドセルが悪いものであるか?と聞かれると、答えはノーです。

新しいブランドのランドセルには、新しいブランドだからこその魅力や技術が詰まっています。

というかぶっちゃけ、ラン活なんて言葉があるくらい多くの人がランドセル選びをこだわる時代に新しく発信するランドセルですよ?
ランドセルについてたくさん調べたママやパパが、「ほしい!」って思う工夫をたくさん取り入れているに決まってます!笑

羽倉ランドセルの特徴@ 世界初!豊岡鞄認定ランドセル

羽倉のランドセルは、世界で唯一、豊岡鞄の厳しい審査をクリアし、認定されたランドセルなんです。

豊岡鞄とは?

豊岡鞄とは、兵庫県豊岡市で生産された鞄の中でも特に優秀だと判断された鞄が名乗ることのできる地域ブランドのこと。
非常に質の高い多種多様な鞄が登録されています。


ちなみに、羽倉のランドセルが豊岡鞄に認定されたことはWEBニュースなどでも取り上げられました。
ランドセルが豊岡鞄に認定されることはそれほど大きなことだったんですね。

ランドセルブランドとしてはまだまだ駆け出しの羽倉。
もともとは、ゴルフバッグなどを生産するブランドでした。

ゴルフバッグも型崩れしないこと、強度がしっかりしていることなどが求められる鞄です。
そんな羽倉が作るランドセルは、鞄としての機能や革の質などは一級品といっても問題ないでしょう。

羽倉ランドセルの特徴A こだわりのエイジング、コバ磨き

工房系ランドセルには、ブランドごとにそれぞれのこだわりポイントがありますよね。
新規参入の羽倉も、ランドセルブランドとしては新しくても鞄ブランドとしては歴史と実績のあるブランド。

羽倉のこだわりポイントをピックアップしました。

エイジング


エイジングとは、天然の皮革が時間の経過につれ変化していくことです。

革の色の変化や手触りの変化などを楽しむことができます。
主に財布などで楽しまれることが多いこのエイジングですが、羽倉はあえてランドセルに取り入れました。

ってことは、劣化していくってこと?
と思うかもしれませんが、ランドセルの耐傷性、耐水性にはあまり影響はないみたいです。
むしろ、防水・撥水性、表面強度をアップさせる加工が施され、ランドセルとしては問題ない素材に。

6年間かけてゆっくりと変化していく革の深みを味わうことができるのは、総牛革エイジングランドセルコードバンランドセルの2種類。

物を大切にすること、長期間使うことの大切さや価値を学ぶことができるランドセルです。

コバ磨き

コバとは、革の断面のこと。
ランドセルにおけるコバは、上から細い皮革をかぶせて隠してしまうことで綺麗に仕上げる方法が一般的です。

また、山本鞄や生田ランドセルなど一部の工房系ブランドではコバ塗りという特殊技術を使用しコバを仕上げています。

羽倉ではコバ磨きという技術を使っています。
ニスを塗って磨き、塗って磨きを繰り返すコバ塗りと違い、コバ磨きはニスを染み込ませ磨いていきます。

私は鞄の専門家じゃないのでどちらが美しい!優れてる!とは一概にいえないのですが…。
でも、どちらにせよ手間を掛けた職人技であることは間違いありません。

またこのコバ磨きも、エイジングにより時間が経つにつれてどんどん艶が増し、美しくなっていきます。

羽倉のランドセル おすすめポイント

羽倉のランドセルは、皮革や技術だけでなく、ランドセルで重視されるカラーリングや背負いやすさなどの点でもおすすめできるポイントがいくつもあります。

全32色!カラバリ豊富なランドセル

羽倉のランドセルは、とにかくカラーバリエーションが豊富なんです!
牛革ランドセルで多くのカラバリがあるブランドは土屋鞄中村鞄が有名ですが、羽倉もそれに匹敵するくらい用意されています。

特に総牛革エイジングランドセルはなんと17色展開!
カラバリが業界トップレベルに多いことももちろん、ミントグリーンやイエローなど、かなり特殊なカラーも揃っています。

牛革ランドセルでこの色はなかなかない!ここでしか買えない!ってカラーも結構揃っているので、ランドセルの色にこだわりたい方にはおすすめです。

>>カラバリ豊富!総牛革エイジングランドセルはこちらからチェック!

ウィング背カンや反射板!充実の機能をご紹介

羽倉のランドセルは、機能性も非常に充実しています。

新しく立ち上げられたブランドだからこそ、老舗店ならではのこだわりというより、いまランドセルに求められているものはなにか?を徹底的に研究し、必要な機能を選りすぐって搭載しています。

ウィング背カン

肩ベルトを立ち上げ型にすることで重心を上げ、肩にかかる負担を減らすことができるウィング背カン

最近フィットちゃんや天使のはねなど大手メーカーが搭載し売り出している立ち上がり背カン、実は工房系で採用しているブランドって案外少ないんです。
だいたい立ち上がらない昔ながらの背カンか、完全に立ち上がってはいないけど半分くらい立ち上がってる背カンを採用しているところが多いです。

ちなみに有名どころだと萬勇鞄村瀬鞄行は立ち上がりですね。

羽倉も立ち上がり背カンを採用しています。
また肩ベルトもS字にカーブさせ、より身体にフィットするように工夫されています。

安全ナスカン

最近のランドセルでよく取り入れられている安全ナスカン
大きな負荷がかかるとナスカンが外れ、巻き込まれ事などが起きにくくなるように予防できるというもの。

他のブランドの安全ナスカンって、ナスカンの接続部分がプラスチックで作られています。
で、負荷がかかるとプラスチックにはまってる金具が外れるという仕組み。

でも、なんと羽倉はランドセルとナスカンの接続部分が革で作られています。
そして、通常ではありえない大きな負荷がかかると、革が切れてナスカンを外してくれるというんです。

革!?すげーな!って思っちゃいました笑

写真を見るとわかるんですが、パーツに革が使われているのでおしゃれに見えます。
一見安全ナスカンには見えないですよね。
言われないと気付かないかも。

羽倉は、デザイン性を守りつつ安全機能もしっかり搭載してくれています。

 


その他にも、ゴルフバッグにも用いられる太くて丈夫な0番糸、そして高級ブランドバッグなどにも用いられるひし針により、強度と高級感をアップさせた縫い目。
型崩れが起きにくくなるように大マチのサイドにT字型の芯材が組み込まれるなど、多くの工夫がなされています。

羽倉のランドセルっていつ、どこで買えるの?

工房系ブランドは購入が大変!という印象がありますよね。
というか、一部のブランドに関しては実際に超大変なんですが…!笑

羽倉はまだまだ知名度も高くない、知る人ぞ知るブランド。
販売開始日に急いで購入しなきゃ!ってほどじゃないかなーなんて思います。

羽倉のランドセルが購入できる場所

羽倉のランドセルが購入できる場所は大きく分けて3つ。

店舗

羽倉は、ランドセルが展示してある店舗で注文、または購入することができます。
ほしい!と思ってすぐに購入ができるので、1番手っ取り早い購入場所かも?

ただし、店頭では現金払いしか受け付けていません。
クレジットカードや着払いはできないので注意が必要。

結構な大金をその場で支払うことになるので、ちょっと厳しい…って方は店舗でランドセルを確認して、後日通販で購入するのが無難です。

羽倉の実店舗は兵庫県に1店舗、大阪府に2店舗です。

公式サイトから通販

お財布の打撃も少なく、お手軽に購入できるのが通販です。

私は羽倉のランドセルを買うなら通販がおすすめ。
もちろん展示会や店頭でしっかり現物を確認してから!が良いと思いますが笑

通販をおすすめする理由としてはさっきも触れましたが支払い方法が楽ちんだからですね。
店頭だと現金のみですが、通販はクレジットカード一括または分割払い、リボ払いに対応してます。
クレカ持ってないよーって方は、手数料無料で代引きも選べます。



展示会

実物を見に行きたい!けど関西遠いよ!って方におすすめなのは展示会
羽倉の展示会は他のブランドも一緒に展示されている合同展示会です。

羽倉のランドセルだけでなく、他のブランドのランドセルとも背負い比べができるので距離的に行けそうな方はぜひ行ってみると良いと思います!

羽倉が出店する合同展示会は全8都市。

他のブランドは出店する日としない日があったりしますが、羽倉は全日程出店するのでいつ、どの会場に行っても実物をチェックすることができます!

展示会で気に入ったランドセルがあればその場で、または後日、通販での注文となるそうです。

ちなみにこの展示会は事前予約必須!
予約満了で受付終了しちゃうので、気になる方は早めに予約してみてくださいね!

展示会の予約はコチラから!

https://www.ymg-official.com/


羽倉のランドセルを購入する最適の時期はいつ?

気になるのが羽倉ランドセルの売り切れ状況などですよね。

ぶっちゃけると2019年度の売り切れ時期については読めない!

…ってのが本音です!笑
というのも、そもそも私が他のランドセルブランドで考察してる最適の購入時期っていうのは昨年度までの売り切れ時期を参考にして出してます。

が!羽倉は2017年9月に販売開始したブランド。
参考にできるデータがあんまりなくて…!;;

去年は9月〜2月末頃までずっと販売していたので、それ以前に完売した、ということはなさそうでした。
ただ、他の工房系ランドセルと比較して生産数が少ない可能性もあります。

確実にゲットするためには、遅くても秋頃までに購入するのが良いかなと思います。
可能なら、夏休み頃に買っちゃえるといいですね。

羽倉のランドセルを購入した方の口コミ

ランドセルを受け取りました!職人さんの気持ちがこもった温かいランドセルで、感動しました。出来栄えはさすがプロの職人さん!完璧です!

 

羽倉のランドセルの口コミ、やはり全然数が少ないですね…;;
使用感や実物についての口コミは、今後増えていくんじゃないかな?とは思います。

長期間使った結果どうなるかは、まだ現時点ではわかりません。

もっと羽倉の実物について知りたい方は、展示会のレポをぜひご覧ください!
ランドセルの羽倉の合同展示会に行ってきました!

男の子におすすめの羽倉ランドセル

私が男の子におすすめしたい羽倉のランドセルをご紹介します。

男の子におすすめなのは耐性牛革ウイングチップランドセル。
カラーはネイビー×チョコです!

あれだけ言ってたのにエイジングじゃないんかい!って思うかもですが…!
このデザインの可愛さには勝てなかった…。

ウイングチップとは、紳士靴のデザインから派生したものです。
このランドセルでいうと、かぶせの茶色いとこの形がそれに当たります。

カラバリはこの他にブラック、キャメル、グリーンがありますがどれも紳士的で大人っぽいカラー。

かぶせや肩ベルト表面が牛革で、大マチなどはコードレという人工皮革で作られている軽量型モデル。
走り回ったり動き回ることが多い男の子には、軽いランドセルが背負いやすいかなと思いました。



女の子におすすめの羽倉ランドセル

女の子におすすめのランドセルもご紹介。

私が女の子におすすめしたいのは総牛革エイジングランドセル。

カラーは迷いましたがダークレッドです!

鋲のないフラットなデザインが非常に上品な総牛革エイジングランドセル
背当て、肩ベルト、カブセ裏は耐傷性の高さを優先し人工皮革を採用していますが、それ以外はエイジング牛革で作られています。

本革本来の美しさと、時間経過で変化していく様子を楽しむことができるエイジングランドセル。
女の子は特に愛着を持ちやすいと思うので、6年間かけて楽しめるかな?と思いました。

カラーは全17色から選べます。
ダークレッドじゃない色が気に入ったら、もちろんその色を購入してあげてください。

私がダークレッドをおすすめした理由は、オーソドックスな赤色だからこそフラットなデザインが映えるなと感じたから。
普通のレッドじゃなくてダークレッドなのは、ダークレッドのほうが深みがあって綺麗だなと思ったからです。



今後の人気ブランド!?羽倉ランドセルに注目!

2019年度の販売からさらに注目を集めていくであろうルーキーブランド羽倉。

私も今年は超注目していく予定です!

口コミなどが少ない分不安要素もあるかもしれませんが、個人的には非常に質の高いランドセルなんじゃないかなと思ってます。
そしてあまり触れませんでしたが、本革ランドセルにしてはとても価格が安いんですよね。
コードバンランドセルも8万円位で買えてしまいます。

工房系ランドセルがいいけど、売り切れやら価格の高さやらで悩んでしまった方、迷ってしまった方などに1度検討してほしいブランドです。