安くてシンプル!池田屋のツヤ消しクラリーノランドセルのメリットとデメリット

更新日:

 

池田屋ランドセルの中で最も低価格で購入できるモデルが、ツヤ消しクラリーノランドセルです。

 

5万円でお釣りがくるお手頃さと、人工皮革ならではの軽さ、そして完売時期が遅いことからいつでも購入できる安心感があるランドセルですね。

 

せっかくの工房系ブランドなのに、クラリーノはもったいない!って意見も結構聞きますが、クラリーノにはクラリーノの魅力が詰まっています。

 

ツヤ消しクラリーノランドセルのメリットとデメリットを、様々な視点から考えてまとめました!

 

池田屋のクラリーノランドセルが気になっている方必見です!

 

 

ツヤ消しクラリーノランドセルの商品詳細

価格 49,500円
重さ 1,100g
素材 クラリーノ
カラーバリエーション クロ、コン、チョコ、グリーン、アカ、ローズレッド、アンティークワイン、キッズピンク、カーマインレッド、キャメル

 

 

池田屋ツヤ消しクラリーノのメリット

 

池田屋ランドセルでも在庫切れが遅いので、「人気がないのでは?」と思われがちのツヤ消しクラリーノ。

 

でも、実は様々な面でしっかりメリットがあるモデルなんです!

 

ラン活を経験し、現在弟がランドセルを背負って登校している立場として、ツヤ消しクラリーノのメリットを教えます!

 

クラリーノ製なので軽い!

 

とにかくクラリーノ製ランドセルのメリットは軽いこと!

 

天然皮革をそのまま使っている本革ランドセルは素材の重さがランドセルの重さに直結します。

 

そのため、牛革ランドセルやコードバンランドセルは重くなりがちです。

 

牛革だと約1,300g前後、コードバンだと約1,600gにもなります。

 

しかし、クラリーノは頑丈さと軽さを両立できるように作られた特別な素材。

 

池田屋の人工皮革製ランドセルはどれも約1,100gと、かなり軽めに作られています。

 

フィットちゃんも同じ人工皮革製ですが、弟に買ったランドセルは1,300g近くありました。

 

それを考えると、池田屋のクラリーノランドセルはかなり軽いですね。

 

 

ツヤ消しクラリーノは、革特有のツヤツヤ感を抑え、セミマットに仕上げられています。

 

つやつやしているランドセルもきれいですが、ツヤ感がありすぎるランドセルは逆に安っぽく見えてしまうと感じる方も多いようです。

 

最近は牛革も含め、マットな質感のランドセルが高級感があって人気ですね。

 

池田屋にはマットクラリーノがありますが、それよりもほんの少しだけツヤ感を残した特別な生地で作られているのが、このツヤ消しクラリーノです。

 

マット感もツヤ感も捨てがたい方におすすめのモデルです!

 

ツヤ消しクラリーノは池田屋の中で最も安い!

 

誰でも、できれば質の良いランドセルを安く購入したいと思うはず。

 

工房系ランドセルは価格が高いと思われがちですが、ツヤ消しクラリーノはなんと5万円以下で購入できるモデル!

 

池田屋のランドセルで一番安く、予算が低めの方でも購入しやすいモデルです。

 

池田屋は全体的に他のモデルも安く感じますが、やはり工房系なのに4万円台で買えると思うと安く感じますね。

 

池田屋ランドセルの価格差は、素材の価格差です。

 

フィットちゃんやセイバンのように、価格が変わると機能が変わることはほとんどなく、どのランドセルも同じ機能が搭載されています。

 

耐久性を考慮した牛革製肩ベルト、子どもの身体に負担がかからないギボシベルトなど、機能的にもかなり優れています!

 

機能性が高く、安いランドセルがほしい!という方に一番おすすめできるモデルです◎

 

 

池田屋ツヤ消しクラリーノのデメリット

 

私は人工皮革がいいなぁと思い弟に人工皮革のランドセルを買ってあげました。

 

そのため、特に人工皮革で困ったとか、嫌だなと感じたことはほとんどないんですが、本革ランドセルを基準に考えていた方は少しギャップを感じるかもしれません。

 

本革のランドセルと比較して「ここはデメリットかもしれないな〜」と思ったポイントをいろいろ考えたんですが、池田屋はモデルごとに機能が変わらず、素材の違いのみです。

 

個人的にツヤ消しクラリーノでデメリットに感じることが1つしか浮かばなかったので、その点を紹介しようかなと思います。

 

 

本革の質感には劣る

 

正直機能面でツヤ消しクラリーノと本革モデルに差はないので、それ以外のポイントが重要です。

 

感覚的な話になってきますが、やはりどうしても本革の高級感や質感には劣ってしまうなと感じますね。

 

牛革やコードバンにできる限り近付けて作られた人工皮革なので、パっと見て違いはわからないし、Webサイト上では全くわかりません。

 

写真の写り方にもよるので、むしろクラリーノランドセルの方がきれいに見えることもあります(笑)

 

でもやっぱり、実物を見ると高級感や質感は本革ランドセルの方が優れているなぁと感じますね。

 

そういうところを重視したい方は、少し気をつけて選ぶといいかもしれません。

 

 

 

あとは、刺繍やコンビカラーがない単色で超シンプルなランドセルなので、デザインにこだわりたい方には向かないかもしれませんね。

 

でも、池田屋のランドセルを検討している方はシンプルなランドセルを探している方が多いと思うので、あまり気にしなくても良いでしょう。

 

逆に刺繍やコンビカラー、カラーバリエーションにとことんこだわりたい方は、ランドセルの羽倉土屋鞄鞄工房山本など、他の工房系ランドセルがおすすめです。

 

 

池田屋ツヤ消しクラリーノを購入した方の口コミ評判まとめ

 

高学年になっても飽きないシンプルなデザインが良かったので、池田屋さんを選びました。思っているよりもいろんな色があって迷いましたが、娘の希望であったチョコを購入。ラン活を始めた当初に決めていた予算よりも数万円安く済ませられたので助かりました!

 

思っていたよりもランドセルが軽くてびっくりしました!展示会で牛革のランドセルと比べて、やっぱり軽いほうがいい!という息子の希望でクラリーノを選びました。ジャンプしたり走ったりしてもまったく負担に感じないようでよかったです。

 

色合いが素敵で子どもも保護者も気に入っています!シールタイプの刺繍を買ったので、気分で変えられて、長期間飽きずに背負えそうです。

 

3年生のお姉ちゃんが池田屋のツヤ消しクラリーノを愛用中。背負い心地の良さと機能性の高さはお姉ちゃんが立証してくれているので、息子も同じモデルにしました。グリーンを選んだので、学年で1人だけ。お友達に褒められて嬉しそうでした。

 

ローズレッドを選びました。ピンクとアカの中間みたいな色で、他であまり見ないカラーなのでお気に入りです。小柄な女の子ですがとても軽くて、痛みや重さもあまり感じていないようです!

 

池田屋は立ち上がり型の背カンじゃないので、最後まで迷いました。ずっと立ち上がり背カンが良いと思っていたので…。でも、機能面と保証面を見て、どうしても池田屋を捨てきれず決定!入学してすぐは少し違和感があったようですが、しばらくしたらすぐに肩に馴染んだようで、今ではラクラク背負っています!

 

 

 

ツヤ消しクラリーノは、「特別この素材が気に入った!」というような理由では決めていない方が多いように感じました。

 

池田屋の他の人工皮革モデルも機能や軽さが変わらないので、好きな色やデザインを重視して、質感は二の次って方も多かったのかもしれません。

 

池田屋で人工皮革のランドセルを買う方は、高級感と同時に軽さを重視している方がほとんど。

 

軽いランドセルで、機能も高級感も捨てたくない!という方におすすめできるモデルです。