大注目!イオンランドセルってアリ!?ナシ!?口コミや評判まとめ

日頃のお買い物で、イオン系列を利用する方はかなり多いですよね。

ランドセル選びの時期になると、イオンもランドセル展示を始めます。
イオンでランドセルを見て、選び始めなきゃ!と思い始める方も少なくないのではないでしょうか?

かくいう私も、5月頃にイオンでランドセルを見つけて、そろそろそんな季節なんだな…と意識し始めたのを覚えてます(笑)

さて、そんなイオンのランドセル。
イオンのランドセルはいいものだよ、って口コミや、イオンのランドセルなんて…って意見など、情報が錯綜している状態でした。

実際、イオンのランドセルの品質はどんなものなのか?
購入する際にしっておきたいポイントは?

案外知らないイオンランドセルの実態を徹底解明します!

イオンランドセルの基本情報まとめ


価格帯

37,8000円〜151,200円

使用素材

人工皮革、牛革、コードバン

重量

約980g〜約1,620g

A4フラットファイル

サイズ
高さ(mm)×奥行き(mm)×横幅(mm)

A4フラットファイルサイズ
=315×120×235(種類により違いあり)
3STYLEランドセル
=315×80×230

オーダーメイド

カタログ配布

◯ 店頭配布、ネット上電子カタログ

生地見本配布

×

保証制度

◯ 6年間修理保証



イオンのランドセルは信頼できる品質なんです!

イオンのランドセルについての口コミを見ていると、

イオンのランドセルって壊れやすいって聞いたよ

イオンのランドセルっていいもんなの?買ってる人多いけど、ちゃんとしてるのかな…

イオンのランドセルって丈夫なの?


などなど…。
不安だったり、品質を心配するような口コミを時々見かけます。

1番目に付きやすいランドセルではありますが、イオンはランドセルブランドではありません。
フィットちゃんや天使のはね、他の工房系ランドセルブランドのように、ランドセル独自のブランドと比較すると品質が劣っているのでは?という疑問を抱いてしまうのも仕方のないことかも。

まずはじめにはっきりお伝えしておくと、イオンのランドセルの品質は普通にいいものです。

ランドセルの価格帯を見ていただけると分かる通り、破格なほど安いわけではなく、他のランドセル専門ブランドで販売されているものとほぼ変わらないんですよね。

ランドセルは素材の価値がそのままお値段に影響しやすいので、それなりの素材や技術を使用して作られているってことです。

イオンのランドセルで使っている技術は?

では具体的にイオンのランドセルの品質の良さを裏付けていきましょう。

イオンのランドセルは、独自の技術を使っている、というよりは、有名ブランドの技術や、有名ブランドも取り入れているような技術を使ってランドセルを作っています。

背カン


特に注目したいのは、ランドセルの背負い心地に直接影響する背カン部分。

イオンのランドセルは、ふわりぃ背カンウィング背カンを採用しています。

どちらも子どもの身体への負担を軽減するために開発された技術です。
ふわりぃ背カンはふわりぃの技術。
ウィング背カンは有名なブランドだと、萬勇鞄、キッズアミ、メゾピアノなどで使われてる技術です。

ランドセルの素材

ランドセルの耐久性や耐傷性に関わるのが素材。

イオンのランドセルは、コードバン、牛革、人工皮革の3種類から選ぶことが出来ます。

コードバンは1種類、牛革は2種類しかラインナップがないので、ほとんどが人工皮革ですね。

イオンの人工皮革ランドセルで使われている素材は、基本的にすべてクラリーノです。
クラリーノと言えば、ランドセルの素材としては定番中の定番。

フィットちゃんや天使のはねなど、有名ブランドもみんな利用している素材です。

他にも大マチの型くずれを防ぐ補強や反射板など、充分な機能が備えられています。

ブランド名こそイオンやトップバリュとなっていますが、生産は有名メーカーに委託しているので、品質は当然高いものになります。

イオンのランドセルの特徴

品質の高さを証明したところで!笑

イオンのランドセルの特徴をご紹介していきます。
イオンのランドセルは、みらいポケット大容量軽量カスタマイズ3スタイルという5つの分類に分けることができます。

イオンのランドセル@みらいポケット



今年大注目のみらいポケット。
大容量ランドセルの中でも特にたくさん入るランドセルで、教科書や荷物の量が増えた最近の小学校事情に沿ったスタイルのランドセルです!

みらいポケットについての詳細はこちらをチェック!

イオンのランドセルA大容量ランドセル



大容量ランドセルも、みらいポケットよりは少し収納力が劣りますが大マチのサイズは充分な容量を誇るランドセルです!

価格帯が幅広く、素材も人工皮革から本革まで選べる豊富なラインナップになっています!

大容量ランドセルについての詳細はこちらをチェック!

イオンのランドセルB軽量ランドセルかるすぽ



イオンで有名な24色ランドセルなども含まれるのがこの軽量ランドセル。
ランドセル自体の重さを軽減し、子どもの体にかかる負担を減らしてくれます。

かるすぽ機能がついているランドセルの中でも特に軽さを重視したランドセルラインナップです。

軽量ランドセルについての詳細はこちらをチェック!

イオンのランドセルCカスタマイズランドセル



自分の好みのカラーにカスタマイズできるのがこのイオンカスタムランドセル。

イオンだけでなく、ほかのブランドでもカスタマイズランドセルは特に人気で、早期に受付終了しちゃうこともしばしば…。

イオンのカスタムランドセルは、長期間の受付でお手軽に申し込めるので結構オススメです。

カスタムランドセルについての詳細はこちらをチェック!

イオンのランドセルD3スタイルランドセル



これには特に驚いた方も多いのではないでしょうか?
イオンの新しい挑戦、3スタイルランドセル

大人の子どもも使えるランドセルって一体…?
実際に買った人はいるのか!?
…めちゃくちゃ気になりますよね!

3スタイルランドセルについての詳細はこちらをチェック!

イオンのランドセルE有名ブランドの委託販売

イオンには、これまで紹介したイオンオリジナルブランドのランドセルだけでなく、イオンが厳選した有名ブランドのランドセルも販売されています。

特に、天使のはねのランドセルなどは売り場でもよく見かけるのではないでしょうか。

イオンでは、天使のはねやフィットちゃんのイオンオリジナルデザインのランドセルを販売しています。
通販、店頭販売含めイオンでしか購入できないものが多いので、気に入ったデザインのものがあればイオンで購入しましょう!

もちろん、機能は天使のはねやフィットちゃんオリジナルのものと同じで高品質です。

その他にも、adidasPUMAディズニーランドセルなども販売しています。

実は男の子の場合、イオンオリジナルランドセルよりも毎年adidasやPUMAといったスポーツブランドのランドセルのほうが人気で、予約完売してしまうのだとか。

スポーツ系ブランドのランドセルは手に入る場所も限られているので、イオンはかなり狙い目です。

イオンのランドセル、メリットとデメリットは?

ここまでは、イオンのランドセルの品質について、商品そのものについてをご紹介しました。
イオンのランドセルも案外いいじゃん!と思ってくださった方も少なくないはず…。

ここからは、実際に購入するまでのラン活の中で起こる、メリットとデメリットをお話していきます。

もちろんメリットのほうが多いのですが、気をつけていきたいポイントがいくつかあります。
よりお得に、より納得できるラン活になるように、チェックしていってくださいね!

イオンのランドセルのメリット

イオンのランドセルは、価格面だけでなく、様々な面でかなりのメリットが得られるんです。

イオンランドセルの主なメリットは、

  • 展示店舗が多いので実物を手に取りやすい
  • 早期購入、各種クーポンで割引
  • 店舗によってはセールなどで更に安く購入できることも
  • イオンカード、WAONカードでポイントを貯められる
  • トップバリュモデル購入でプレゼントが貰える
  • いろいろなブランドのランドセルとその場で比較できる
  • 秋頃だと、その日に持ち帰れる商品が多くなる
  • 完売時期が遅いのでゆっくり考えて選べる
  • 店舗によって、型落ち商品の販売もあるかも
  • 24色ランドセルやカスタマイズランドセルなど、選択肢が多い

…などでしょうか。
とにかくメリットが多いなと感じました。

店頭での購入もできますが通販でも基本送料無料で購入できるので、購入方法も柔軟に選べます。

何よりも、毎日のお買い物のついでにランドセルの実物をチェックできるのはかなり大きなメリットですね。

工房系ブランドや有名メーカーだと、店舗や展示会に行くしか実物を見ることが出来ません。
でも、全国どこででも開催されているわけではなく、近くの展示会に行くにも車で何時間もかかかる…なんて方も少なくないですよね。

その点イオンはそこまでの労力をかけずにランドセルを見に行くことが出来ます。

ただ、ランドセルのコーナーっておもちゃ売り場の真ん中にある事が多いので、子どもの気がおもっちゃに向いてしまって集中してくれないことも…(笑)

イオンのランドセルのデメリット

いいところ尽くしのイオンランドセルですが、ちょっとしたデメリットも存在します。

ものすごく大きなデメリットというわけではないのですが、知っておいて損はない情報です。
イオンのランドセルを検討している方は、1度目を通しておくといいかもしれません!

イオンランドセルの主なデメリットは、

  • 同じランドセルを持っている子が多い可能性がある
  • 突然セールで安売りするので、損をしたと感じることがある
  • カタログが店頭でしかもらえず、革見本もない

…などです。

イオンはランドセルを販売している店舗が多く、昨年度の販売個数が30万個に迫るなど、ランドセル市場のかなりの割合をイオンが占めています。

販売個数が多いということは、イオンのランドセルを持っている個が多いということ。
同じ学校に、同じランドセルを背負っている子がいる、なんてことも、他のブランドより確率が高くなります。

自分だけしか持っていないランドセルがいい、個性的なランドセルがいいという方は、イオンはそぐわないかも。

セールについては、みなさん安く買えるに越したことはないので色んな割引やクーポンを使って購入するなど、様々な工夫をすると思います。

しかし、たとえ予告のあるセールだったとしても、何ヶ月も前から予告してくれるわけではないですよね。
2ヶ月前に買ったランドセルが、今見たら2ヶ月前より1万円も安かった…!なんてことも、もしかしたら起きてしまうのが大手量販商業施設の痛いところ。

2017年11月に行われたブラックフライデーというセール時には、一部のランドセルが半額で売られるという破格にも程があるセールが開催されていました。


こちらがそのときの写真。

これを見たとき、まじかーとちょっと呆然としちゃったのを覚えてます…笑

私は弟のランドセルをイオンでは買わなかったので直接的なダメージにはなりませんでしたが、イオンでランドセル買った人、ショック受けてないかなー…と心配になりました。

ランドセルをまだ買ってない人にとっては最高のセールですが、早く買った人が損をするセールなのかもと思うと複雑ですね。

ただ、私が見た限りだと本当に1部のモデルのみの割引で、選択肢はかなり絞られます。
少しでも自由に選びたい方は、このセールを狙う必要もないと思いますよ。

イオンのランドセル、いつどこで買えばいいの?

イオンのランドセルは、完売までの期間が早い工房系ランドセルなどと比較するとかなりのんびりランドセルを選ぶことが出来ます。

最初は工房系ランドセルを狙って、ダメだった場合にイオンで…と考えても、充分に間に合うくらいです。

イオンのランドセルはいつ頃、どこで購入するのがお得なのか、チェックしていきましょう!

イオンのランドセルを購入できる場所

イオンのランドセルを購入できる場所は、大きく分けて2つ。
通販と店頭販売です。

どちらもお得に購入することができる特典があります。

早割

早期に申し込むことで、ランドセルを定価より5%OFFで購入できます!

ランドセルの送料、配送料無料

通販の場合、5,400円以上のお買い物は送料無料になるので、ランドセルは送料が無料になります。

店頭の場合、1月4日までに申し込んだランドセルの配送料が無料に。
店頭で注文して、後日受け取りのランドセルは無料で届けてくれます。

トップバリュセレクトランドセル購入特典

こちらは通販、店頭購入どちらにも共通する特典です。

税込59,400円以上の購入で、インナーバックプレゼント。

そして、最高補償額1億円、入院保障1日1,000円という保険を無料でプレゼントしてくれます。
この保険は、ランドセル購入後に後日別途申し込みが必要なので、購入後にしっかり手続きしましょう!

【通販限定】WAONポイント還元

イオンの通販サイトイオンスクエアの会員に限り、購入したランドセルの金額に合わせてWAONポイントを還元してくれます!

カタログ表示価格54,000以上の場合→WAONポイント5,000円分プレゼント
カタログ表示価格32,400円〜54,000円までの場合→WAONポイント3,000ポイントプレゼント

ランドセルの割引としては使えませんが、その後のお買い物で役立つのでありがたい還元ですね。

【すくすくクラブ会員限定】早期予約販売会割引


イオンの子育て応援の取り組みの1つであるすくすくクラブに入会していると、ランドセルの早期予約会のお知らせが届きます。

早期予約会では、すくすくクラブ限定の割引が適用されるんです!

店頭表示価格54,000円以上の場合→10%OFF
店頭表示価格32,400円以上の場合→5%OFF

特に、54,000円以上のランドセルはかなりお得に買えちゃいます!

【すくすくクラブ会員限定】早期予約会特典

すくすくクラブの特典は、割引だけではありません!

32,400円以上のトップバリュランドセルを購入した方対象に、ネームタグ・ネーム入れ無料サービス、そしてかるすぽマスコットプレゼントという特典も!

ネームタグは、直接ランドセルに名入れできるわけじゃないですが、子どもも自分のランドセルという意識が芽生えるのでとても嬉しい特典です!

すくすくクラブとは?

すくすくクラブとは、イオンの子育て支援サービス。 無料で登録でき、毎月第2,4土曜日の割引や、DM等で配信されるクーポン等でお得に買い物できるんです!

このすくすくクラブ、実は2017年1月31日をもってサービスを終了し、キッズパブリックアプリというサービスに移行しました。

アプリになったことでより一層使いやすさが増し、今後のサービスにも期待できそうです!

ランドセルに関するサービスや割引など、2019年度の情報はまだ解禁されていないので、どのようなサービスがどのように受けられるのか楽しみですね!


個人的には、案外通販のほうがオトクなのかも!と感じました。
ただ、やはり実物は見ておきたいので店頭に見に行って、その日店頭でで受けられる特典や割引を店員さんに聞いた上でオトクな購入方法を選ぶといいと思います。

すくすくクラブ(現キッズパブリックアプリ)の特典は店頭予約での特典なので、こちらを利用したい方は期間内に店頭で予約を行いましょう。

イオンのランドセルを購入する最適の時期は?

特典や割引、店頭でのセールなどがイレギュラーに起こるイオン。
実際、いつ頃買うのが1番いいのでしょうか?

私的には、なんだかんだ夏休み頃までに、早割が使える期間内に予約してしまうのが1番だと思います。

デザインやブランドなど、欲しい商品が決まっている場合は夏休み頃までに早期割引を利用して予約してしまうのが1番確実です。

特にadidasやPUMAのような人気ブランドは、予約の段階で完売してしまいます。
欲しい商品を確実にゲットして、なおかつ安定した割引を受けるためには、なるべく早く行動を起こすに越したことはありません。

2018年のブラックフライデーのような破格の割引は、毎年確実に開催されるとも限らず、割引されるのは一部の商品。
狙っている商品が割り引かれるとは限らないし、その日に必ず買いにいける保証もありません。

シーズン終わりの値引きも、いつ頃から、どれくらい安くなるかが不透明なので年明けにすべて賭けるのも危険な気がします。

最初からイオンのランドセルで選びたい場合はなるべく早めに行動して、他のブランドとも吟味してゆっくり選びたい方はなるべく年明け前までに決めてしまいましょう!

イオンのランドセルを購入した方の口コミ


息子が6年間使いました。型落ちで安く買ったものだけど、とても綺麗でもったいないくらいです。


かるすぽ、使いやすくてよかったです。子どもも運びやすそうでした。


必要以上にガサツにしなければ充分6年間きれいに使えます。


6年生、普通に使ってた女の子だけど金具が取れちゃって、修理に出したら無料でやってくれました。サポートとかもしっかりしてますよ。


大容量ランドセルにして正解です。上の子は大容量ではなく、教科書が多い日は筆箱も入らず大変そうなので…。


特別良いところがあるわけじゃないけど、悪いところもない。可もなく不可もなくなランドセルです。


5年生の子どもが使ってるかるすぽは使いやすそうでいい感じです。でも、パール入りの素材(おそらくクラリーノレミニカ)とか安いものは劣化が早いみたい。


 


意図的に乱暴な扱いをしなければ6年間きれいに使えるようです。
ここで紹介した口コミにもある通り、特別いいわけではないけど悪いわけでもない、という無難なランドセルなようですね。

悪いものでもなく、6年間問題なく使えるものであるということが口コミからもわかったので、安心して購入できると思います。

修理についての口コミもあったので取り上げました。
保証書さえ保管しておけば、無料で修理してくれるようですね。
代替用のランドセルも用意してもらえるので、修理中も困ることなさそうです!

男の子におすすめのイオンランドセル

数あるイオンのランドセルの中で、私が特におすすめしたいランドセルをご紹介します。

男の子におすすめなのは、

みらいポケット トラディショナル FLATCUBE
カラーはブラック×レッドステッチです。


みらいポケットは、大マチ12.5cmに加えて最大8cmまで伸びる小マチがついており、沢山の荷物が入る容量重視のランドセル。

今後教科書が増える、という点だけでなく、男の子はとにかく何でもランドセルに入れて持って帰ってくることが多いです。
給食袋やその他の荷物もランドセルに詰め込めると、楽ちんに登下校できますね。

私が子どもの頃は、手提げや傘を振り回して、遊びながら登下校している子が多かったんです。
男の子は登下校中も走ったり遊んだりかなり自由なので、ランドセルに荷物を全部詰め込めて、両手を手ぶらにさせてあげることで安全も確保できます。

これだけの大容量ランドセルでも、ランドセル本体は1,200gと決して重くなく、かるすぽモデルです。

イオンの最新の技術が詰め込まれたランドセル。
お値段は税込68,040円と少しお高く感じるかもしれませんが、品質や機能に伴ったお値段だと思います!

女の子におすすめのイオンランドセル

続いて、女の子のおすすめのランドセルもご紹介します。

女の子におすすめのランドセルは、フレッピーGIRL FLATCUBEです。
カラーは薄めのオルビアピンク×サクラをチョイス!



こちらのランドセルは、イオンの大容量ランドセル、フレッピーシリーズです。
こちらも大マチ12cmと、充分な収納ができるサイズのランドセル。
また、かるすぽも搭載しているので重さも1,160gと重くありません。

カラーリングはキャメル×ブラウン、ミラノレッド×キャメルと合わせて3色あります。
私がこのオルビアピンク買えるサクラを選んだのは単純に、色が可愛いからです!

機能面が充実している大容量ランドセルの中でも、ひときわ目立つこの薄ピンク。
ピンクのランドセルはかなり人気で、多くの種類のランドセルが販売されていますが、このような薄いピンクのランドセルって、実は探してもなかなかないんです。

派手な色じゃないので、高学年になっても使いやすいカラーですよね。

身近なイオンでランドセルを選んでみよう!

イオンのランドセルを調べ始めたとき、イオンのランドセルに対する否定的な意見をいくつも目にしました。

でも、そういった口コミって、イオンのランドセルを使っていない人の偏見なんですよね。

確かに、イオンがランドセル業界に参入し始めた頃はまだ品質も安定しなかったのかもしれません。
でも、調べたり、実際実物を見てきたりしましたが、悪いところは特に感じられないです。
しかも、実際に満足して6年間使い終えた人がたくさんいるんですから、イオンのランドセルなんて子どもがかわいそう、なんて今はもう言えないんですよ。

そもそも、そんなに品質が悪くてかわいそうだと思われるランドセルだったら、年間30万個も売れないでしょ、って思うわけです(笑)

わたしは最終的にフィットちゃんのランドセルにしましたが、イオンランドセルを検討している方は安心して選んで大丈夫です!

身近なイオンで、お気に入りのランドセルを見つけてられるといいですね!